いじめ

発達障害 先生とのトラブル どちらがモンスター? (日大アメフト部の事例から)

前回は、普通学級や特別支援学級では、わりとトラブルが生じやすいこと、トラブルが発生したらこじれる前に早めに対応することなどをお話ししました。特に、お子さんから事実関係について時系列で確認してから、担任の先生との話し合いに臨むことお話ししました。 どんなに事前準備しても、こじれてしまうことがあります。ですが、事前準備してあると、心に余裕をもって対応することができます。特に、話し合いがこじれる場合は...

続きを読む

発達障害 普通学級・特別支援学級でのトラブル 解決へのヒント

普通学級または特別支援学級に発達障害のお子さんを在籍させている場合、さまざまなトラブルが生じることがあります。発達障害児は、その障害特性からからかいの対象となりやすいです。また、発達障害児は、その場の雰囲気を読むことがむずかしく不用意な発言から他者を不愉快な気持ちにさせたりすることがあるために、トラブルが生じやすい環境ができやすいともいえます。 ですが、発達障害のお子さんの親御さんの心境としては...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(息子のリスク管理編)

前回、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」について、成人後も継続が必要と考え、今も継続している旨をお話ししました。その続きです。 以前、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」の目的は、「①息子の物事を説明する練習」「②その日の出来事を時系列で記憶を整理する練習」「③息子のリスク管理」とお話ししました。 【月刊教材ポピー 】 そのなかで最...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(息子のトラブル発見編)

前回、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」について、このヒアリングの目的の1つとして、「③息子のリスク管理」があると申しあげました。その続きです。 小学校4年生のとき、いつものように息子との「今日の出来事のおさらい」をするのですが、どこか様子がおかしい。お風呂に入る前から様子がおかしかったので、その日はお風呂からあがっても、さらに聞き取りに時間をかけて確認したところ、どうやら...

続きを読む