余暇

発達障害児の理解力アップへの課題 ワンランク上の理解力アップへの挑戦

前回は、「表情から人の気持ちや感情を読み取る練習」およびコミュニケーションの根幹である「協調性」についてお話ししました。ここまで習得できれば、コミュニケーション能力は相当にあがっていますが、今回はさらにワンランク上の理解力アップに挑戦をテーマにお話しをします。 曖昧な表現はわかりにくい!? 私もだいぶ年をとってきたせいか、最近では物忘れが多くなってきました。 妻に言わせると「アレは何だ...

続きを読む

発達障害の息子の学校内でのコミュニケーション "楽しい学校生活"(高等特別支援学校編①)

前回は、息子の小中学校時代(普通学級)でのクラスメートとのコミュニケーションの状況についてお話ししました。今回は、高等特別支援学校編です。 高等特別支援学校で初めて友だちができた息子 息子は、小中学校時代にもクラスメートとの交流がありましたが、あくまで「弟」的な存在だったため、対等の関係ではありませんでした。高等特別支援学校に入学後、初めて友だちができました。 息子が入学し...

続きを読む

発達障害児にとっての最後の砦はお母さんなので、いつも笑顔でいてください

発達障害のお子さんを抱えるお母さんのみなさん、いつもお疲れさまです。 もうすぐ母の日ですから、今回はいつも頑張っているお母さんへの特別企画です。 あなたのお子さんは、今、おいくつでしょうか。お子さんが幼いうちは、身辺自立を含めた子育て、しつけなど、健常児の子育てと比較するととても大変な作業です。しかも、家族のための家事労働も同時にこなされていることが多いでしょうから、本当に頭が下がります。 ...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(『ガンダム』で、就労スキルアップ編)

息子とのコミュニケーションの場は、お風呂だけではありません。新たな息子とのコミュニケーションツールは、ガンダムでした。ガンダムはアニメの『機動戦士ガンダム』です。元々私の趣味で、休日や夜帰宅後にひとりでビデオを楽しんでいたのですが、いつの間にか息子が私の隣にいて、一緒に見ていたという感じです。少なくとも、息子が小学校の中学年には、ガンダムに興味を抱いていたのではないかと思います。この後、息子が中学...

続きを読む

発達障害の息子と兄貴のコミュニケーション(兄弟関係も大切に)

息子には、1つ上の兄貴がいます。2人ともに今は社会人となり、頑張って働いています。兄貴は、小学校時代は、発達障害の弟を恥ずかしいと思っていた時期もあったようですが、弟思いの良い兄貴に成長してくれたと思います。弟が小学校時代にいじめをうけていたときは、本気で心配していました。私が、いじめ問題を解決するために、学校や加害者側の親と対決するための情報収集にも協力してくれました。 我が家の兄弟は基本的に...

続きを読む