先生

発達障害 先生とのトラブル どちらがモンスター? (日大アメフト部の事例から)

前回は、普通学級や特別支援学級では、わりとトラブルが生じやすいこと、トラブルが発生したらこじれる前に早めに対応することなどをお話ししました。特に、お子さんから事実関係について時系列で確認してから、担任の先生との話し合いに臨むことお話ししました。 どんなに事前準備しても、こじれてしまうことがあります。ですが、事前準備してあると、心に余裕をもって対応することができます。特に、話し合いがこじれる場合は...

続きを読む

発達障害 普通学級・特別支援学級でのトラブル 解決へのヒント

普通学級または特別支援学級に発達障害のお子さんを在籍させている場合、さまざまなトラブルが生じることがあります。発達障害児は、その障害特性からからかいの対象となりやすいです。また、発達障害児は、その場の雰囲気を読むことがむずかしく不用意な発言から他者を不愉快な気持ちにさせたりすることがあるために、トラブルが生じやすい環境ができやすいともいえます。 ですが、発達障害のお子さんの親御さんの心境としては...

続きを読む

どんな先生が担任の先生として理想的なの? ②

今回は、担任の先生としての理想像について、私の独断と偏見に満ちた個人的な考えをお話ししたいと思います。 建前でいえば、どんな先生でも信頼関係を構築していかなければならないので、やるべきことをやるだけです。ですが、本音はちょっと違います。 【楽しく学べる学研ゼミ!】 本音をいえば、発達障害に理解を示してくれるというか、寛容な先生であってほしいと思います。ただし、発達障害の知識は...

続きを読む

どんな先生が担任の先生として理想的なの? ①

先生にもさまざまなタイプがいます。年齢、性別、性格、発達障害に対して理解がある先生とそうでない先生と、本当にさまざまです。ですが、残念ながら現実には担任の先生になる先生を選ぶことはできませんから、こればかりは運任せになります。 とはいえ、一旦担任の先生となれば、最低でも1年間はうまく付き合っていかなければなりません。特に発達障害のお子さんを抱える親御さんにとっては、とても気になるところでしょう。...

続きを読む

担任の先生とのトラブル どうする?

担任の先生とは、できるかぎり良い関係でいたいものですが、やむなく、トラブルが生じてしまうことがあります。トラブルが発生した場合には、早めに対応しておきたいところです。 担任の先生と親御さんがトラブルとなるケースは、普通学級では親御さんが担任の先生に多くを依存してしまうことで生じることが多いと思います。普通学級では、担任の先生がひとりで多くの児童を管理しているため、発達障害のお子さんのケアにあまり...

続きを読む