就労スキル

発達障害 学習姿勢の習得はどうすればいいの? <夏休みはスキルアップのチャンス!>

前回、発達障害のお子さんの学習能力をコンスタントにアップさせていくためには、お子さんに学習姿勢(前向きに学習する気持ち)を習得させる必要があることをお話ししました。 また、学習姿勢を習得させるには、お子さんの学習目的が明確にすること、学習することの楽しさを教えることが必要であることもお話ししました。 お子さんの学習姿勢ができていない場合、最終的にはお子さんの学習目的が明確にすること、学習するこ...

続きを読む

発達障害 学習姿勢の習得や学習習慣の定着(就労スキルを磨こう) <夏休みはスキルアップのチャンス!>

夏休みは時間がたっぷりありますので、家庭でさまざまなチャレンジができるチャンスです。日常生活では日中は学校がありますし、放課後も宿題があったりもしますので、親御さんもお子さんにゆっくり時間をかけて学ばせることができないと思います。 そういう意味では、夏休みはお子さんにしっかり寄り添って、さまざまなスキルを習得させる絶好のチャンスです。 とはいえ、何をしたらいいでしょうか。お子さんに習得させたい...

続きを読む

高等特別支援学校を目指すお子さんのチャレンジ(意外な落とし穴にご注意を)

高等特別支援学校の受験を検討しているお子さんで、今中学3年生でしたら、受験対策をいろいろと考えていることと思います。 受験試験対策を始めよう 具体的な受験対策としては、試験内容の確認です。高等特別支援学校にもよりますが、試験内容は筆記試験(国語、算数が多いですが、英語や作業能力などを問う問題もあります)、作業能力試験(試験官の指示通りに作業ができるかなど)、体力試験(身体能力を確認す...

続きを読む

発達障害児の学習 何のために勉強するの? お子さんのやる気の育て方

前回、国語の教科について、教材を利用した具体的な習得していく方法について、お話ししました。また、教材選びも重要ですが、それ以上に重要なのは親御さんが一緒に学習につき合ってあげて、できることが増えたら褒めてあげることだとも、お話ししました。 今回は、発達障害児の学習について、もっと初心に立ち返って基本的なことにスポットをあてていきたいと思います。 何のために勉強するの? そもそも人は、何...

続きを読む

発達障害児の学習 「最低限の学習能力(簡単な読み書き能力、簡単な四則計算能力)」具体的な学習方法について(国語編②)

前回、国語の教科のなかで習得すべきものとして、カタカナ、ひらがな、漢字(小学校で習う程度のもの)簡単な文章を読んで内容を理解する能力、簡単な文章を書く能力をあげました。また、必須ではないものの、ローマ字も習得しておいた方が良いこともお話ししました。 カタカナ、ひらがな、漢字については、運筆で難易度の低い図形や文字から徐々に難易度の高い文字を習得させた方が、効率が良いと思います。ただし、近道はあり...

続きを読む