就職活動

発達障害のお子さんの将来を考える 特別支援学校・高等部(高等特別支援学校を含む)を卒業しても高卒にならない?

今回のテーマは、発達障害者の学歴についてです。この話題がインターネットの検索でわりと頻繁に引っかかってきます。ですから、発達障害のお子さんを抱える親御さんのうちの多くの方が気になっている話題なのかも知れないと思いました。 親心と学歴 学歴は、一般的に中卒、高卒、大卒、大学院卒、短大卒、専門学校卒などがあります。あまり一般的に知られていないと思いますが、特別支援学校(高等部)ま...

続きを読む

発達障害の息子の学校内でのコミュニケーション "企業も重視"(高等特別支援学校編②)

前回、高等特別支援学校で初めて息子に友だちができたこと、友だちができたおかげで学校生活が楽しくなったこと、余暇の過ごし方が充実したことをお話ししました。 今回は、どうして、コミュニケーション能力が大事なのかについて、お話しします。 就職活動で重要な要素を考える 息子が在籍していることから、私も息子の高校を何度か訪問し、授業その他の活動の様子を見学しました。そして、息子...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 就職活動へのアプローチ 障害者雇用する企業は何を重視してる? 

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境が、「就労を実現するための最低条件」の習得の阻害要因になっていること、そのような状況のなかで、親御さんが本来の目標を見失うことなく、お子さんの就労の実現をするためには、どうしたらいいのかについて、お話ししました。 今回は、発達障害のお子さんの就労を実現させるために、実際の就職活動へのアプローチについてお話しします。 【月刊教材ポピー 】 ...

続きを読む

発達障害の息子の仕事へのモチベーションアップは、メニュー豊富な社員食堂

息子の就労先は1000人規模のメーカーですので、社員食堂があります。社員食堂は社外の方の利用はできませんが、会社の保護者会で何度か私も食事をさせてもらいました。値段はとても安く値段のわりにはおいしいと思いました。 また、日替わりランチは毎日数種類提供されていますが、それ以外にも常時、めん類(うどん、そば、ラーメン)、カレーライス、その他のサイドメニュー(おにぎり、お稲荷さん、コロッケなど)も用意され...

続きを読む

発達障害児の就職率をアップする方法について

発達障害児の就労はかなりハードルが高く、特別支援学校の就職率はあまり高くない現実をお話しました。今回は、その続きです。 発達障害児の就職率をアップする方法があります。そんな方法があるの?と半信半疑かもしれませんが、あります。それは、高等特別支援学校への入学です。高等特別支援学校は知的障害者を対象とした高等部のみの特別支援学校です。ただし、中学卒業の時期に入学者選抜試験(学力試験、実技試験、面接な...

続きを読む