生活習慣

発達障害の息子がグングン成長できた子育て法

発達障害児の子育てにあたり、お父さんを味方にすることを提案しましたが、そのためには、お父さんを良く知ることが重要です。そこで、前回は、一般的なお父さんはどういう考えでいるのかを検証する前に、私の実体験をお話ししました。今回はその続きです。 自閉傾向が重かった息子 息子が「自閉症の疑い」と診断をうけたのは2歳半のときです。その後すぐに、療育手帳の申請をしましたが、その結果は判定B(中度...

続きを読む

就労した発達障害の息子のデオドラント対策

息子は、私ゆずりの汗っかきです。学生時代は、それほど臭いが気にならなかったのですが、会社入社後、工場内の温度がわりと高いためか、かなりの汗をかいているようです。特に夏場は、相当量の汗をかいています。会社では熱中症対策として、こまめに水分補給をするようにわざわざそのための休憩時間を増やして対応しているようです。 夏場、息子はほんのりといい臭いを漂わせながら、帰宅してきます。今は対策をしてい...

続きを読む

これで今日も元気にお仕事! 就労した発達障害の息子、出勤前も持ち物チェック

現在息子は成人し、毎日元気に会社に出勤しています。小学校時代にやっていた「朝やることのチェック表」は、さすがに卒業しました。朝は時間に余裕をもたせて起きていますが、ボォーっとしていると、時間はあっという間に過ぎてしまうので、時折、時間を意識させるように声がけは、今でも必要です。なお、外出時の持ち物チェックは、今も継続しています。 会社への通勤はバスと電車を利用していますので、PASMOは必須です。会...

続きを読む

放課後もチェック表で、よい習慣化を目指しましょう

これも、前回の「朝起きてからすること」と考え方は同じです。学校から帰って来てからさせたいことは、おおよそ以下のとおりでしょうか。 手洗い、うがい 学校からのお便りの有無の確認(あれば、親にすぐに渡すこと) 今日の宿題の確認→宿題の作業→宿題の内容確認(答が合っているか、解き方の手順に問題ないかなど) 明日の時間割表を確認して、翌日の授業に必要な持ち物(教科書、ノートなど)の準備 塾 ...

続きを読む

ひと工夫で朝の準備がスムーズに!

基本的な身辺自立(排せつ、食事、歯磨き、洗顔、衣類の着脱などの最低限の生活習慣)を息子に教えるのは、とても大変な作業でしたが、3歳以降急激にひとりでできることが増えていきました。小学校入学直前には、基本的にはひと通りできるようになっていましたが、問題がありました。それは、起床してからやることが多すぎて、やり忘れるものがあることでした。 食事や排せつは自然現象なので、他を忘れてもこれは忘れません。...

続きを読む