職場実習

発達障害のお子さんの将来を考える 特別支援学校・高等部(高等特別支援学校を含む)を卒業しても高卒にならない?

今回のテーマは、発達障害者の学歴についてです。この話題がインターネットの検索でわりと頻繁に引っかかってきます。ですから、発達障害のお子さんを抱える親御さんのうちの多くの方が気になっている話題なのかも知れないと思いました。 親心と学歴 学歴は、一般的に中卒、高卒、大卒、大学院卒、短大卒、専門学校卒などがあります。あまり一般的に知られていないと思いますが、特別支援学校(高等部)ま...

続きを読む

発達障害の息子の学校内でのコミュニケーション "職場実習ってどんな感じ? "(職場実習編)

前回までは、学校内でのコミュニケーションに関して、実際の職場と学校の先生の考えとの温度差があったことについて、お話ししました。今回は、息子の実際の職場実習でのようすも踏まえ、コミュニケーションの重要性について考察していきたいと思います。 息子が職場実習でお世話になった企業 息子は、高等特別支援学校時代に、さまざまな会社での職場実習を経験しています。そのなかで、特にコミュニケーションを重視...

続きを読む

発達障害の息子の学校内でのコミュニケーション "好感度アップ!"(高等特別支援学校編③)

前回は、就労するにあたって就労スキルと同様に、コミュニケーションスキルもとても大事な要素であることをお話ししました。今回は、会社で必要とされる最低限必要なコミュニケーション能力について、お話しします。 ほんのちょっとの受け答えで好感度アップ! 会社で必要とされる最低限のコミュニケーション能力は、挨拶(朝と帰りの挨拶、お礼、謝罪など)とホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)...

続きを読む

発達障害の息子の学校内でのコミュニケーション "企業も重視"(高等特別支援学校編②)

前回、高等特別支援学校で初めて息子に友だちができたこと、友だちができたおかげで学校生活が楽しくなったこと、余暇の過ごし方が充実したことをお話ししました。 今回は、どうして、コミュニケーション能力が大事なのかについて、お話しします。 就職活動で重要な要素を考える 息子が在籍していることから、私も息子の高校を何度か訪問し、授業その他の活動の様子を見学しました。そして、息子...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 就職活動へのアプローチ 障害者雇用する企業は何を重視してる? 

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境が、「就労を実現するための最低条件」の習得の阻害要因になっていること、そのような状況のなかで、親御さんが本来の目標を見失うことなく、お子さんの就労の実現をするためには、どうしたらいいのかについて、お話ししました。 今回は、発達障害のお子さんの就労を実現させるために、実際の就職活動へのアプローチについてお話しします。 【月刊教材ポピー 】 ...

続きを読む