高等特別支援学校

発達障害の息子の仕事へのモチベーションアップは、メニュー豊富な社員食堂

息子の就労先は1000人規模のメーカーですので、社員食堂があります。社員食堂は社外の方の利用はできませんが、会社の保護者会で何度か私も食事をさせてもらいました。値段はとても安く値段のわりにはおいしいと思いました。 また、日替わりランチは毎日数種類提供されていますが、それ以外にも常時、めん類(うどん、そば、ラーメン)、カレーライス、その他のサイドメニュー(おにぎり、お稲荷さん、コロッケなど)も用意され...

続きを読む

高等特別支援学校 発達障害でも企業から欲しいと評価される人材(不器用そうだけど一生懸命な先輩A君②)

前回、息子の先輩のA君をご紹介しました。A君の見た目はとても不器用そうな印象なので、A君を見たほとんどの方の印象は、マイナスイメージを抱いてしまう方が多いかもしれません。ですが、A君は誰にも負けない勤勉さをもっていました。 A君の勤勉さや一生懸命さは、見た人の心を動かす力がありました。そして、最終的にA君は、発達障害児にとっては、とても厳しい就職戦線を見事勝ち残ることができたのです。今回はこの続...

続きを読む

高等特別支援学校 発達障害でも企業から欲しいと評価される人材(不器用そうだけど一生懸命な先輩A君①)

私がA君に初めての出会ったのは、後に息子が入学する高等特別支援学校の文化祭に訪問したときでした。息子が中学3年生のときのことです。(A君には、校内で2、3回声をかけたことがありますが、多分、A君は私のことは憶えていないと思います。息子も高等特別支援学校に在学中、A君との交流はほとんどなかったと思います) A君は当時、高等特別支援学校の2年生で、清掃の専門学科に在籍する生徒でした。A君は、文化祭では...

続きを読む

新入学、新学期、発達障害児も友だちをつくる大チャンス

新入学、新学期を迎え、新しい環境でお子さんに新しく友だちはできたでしょうか。今回は、発達障害児の友だちづくり、友だち関係についてスポットをあてていきたいと思います。 発達障害のお子さんを抱える親御さんの悩みの1つに、わが子に友だちがいないというのがあります。どうしてわが子には友だちがいないのだろうか、どうすれば友だちができるのかと悩む親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。 ...

続きを読む

発達障害児の就職率をアップする方法について

発達障害児の就労はかなりハードルが高く、特別支援学校の就職率はあまり高くない現実をお話しました。今回は、その続きです。 発達障害児の就職率をアップする方法があります。そんな方法があるの?と半信半疑かもしれませんが、あります。それは、高等特別支援学校への入学です。高等特別支援学校は知的障害者を対象とした高等部のみの特別支援学校です。ただし、中学卒業の時期に入学者選抜試験(学力試験、実技試験、面接な...

続きを読む