愛される子どもとは

子育てがうまくいくとこんないいことが・・・

発達障害の息子は、パニックを起こして大暴れする子どもでした 妻によると息子は、生まれて1歳くらいまでは、子育てが楽な子どもだったといいます。息子が歩けるようになる頃から多動が顕著になりました。私が強く記憶している息子は、多動な息子からです。妻が息子を抱っこしても問題なかったのですが、この頃から私の抱っこをとても嫌がるようになりとてもショックだったので、とても記憶が鮮明なのです。 この頃から、息...

続きを読む

『愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~』のご紹介

ガンバルお母さんへのメッセージ 私は、成人した発達障害の息子の親です。現在、息子は一般企業で就労をしています。当初は清掃の部署にいましたが、現在は製造の部署に異動になり、仕事にもようやく慣れてきました。最近では仕事にやりがいもでてきたようです。上司や同僚に恵まれて、毎日楽しく出勤しています。また、休日の余暇も充実していて、共通の趣味をもつ友人と外出を楽しんでいます。ようやく、ここまで到達できたかと...

続きを読む

愛される子どもを育てよう

発達障害児でも、愛される子どもに育てたい わが子がみんなに「愛される子ども」になってほしいというのは、親ならば誰しも願っていることだと思います。ましてや、わが子が発達障害児ならばなおさらです。 しかし、一般的な発達障害児のイメージは、残念ながら「愛される子ども」からはかけ離れているように思います。その理由は、発達障害の障害特性にあるのではないでしょうか。その障害特性にはさまざまなものがあ...

続きを読む

『愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~』 目次

『愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~』の目次です。 目次 プロローグ 発達障害の息子とのこれまでの歩み 息子の障害が判明して 就学後の状況 息子への思い ガンバルお母さんに込めた願い 発達障害児の子育て情報は少ない 正しい情報にもとづいた正しい子育てとは 発...

続きを読む