発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(息子のリスク管理編)

前回、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」について、成人後も継続が必要と考え、今も継続している旨をお話ししました。その続きです。 以前、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」の目的は、「①息子の物事を説明する練習」「②その日の出来事を時系列で記憶を整理する練習」「③息子のリスク管理」とお話ししました。 【月刊教材ポピー 】 そのなかで最...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(息子のトラブル発見編)

前回、息子とのお風呂タイムでの「今日の出来事のおさらい」について、このヒアリングの目的の1つとして、「③息子のリスク管理」があると申しあげました。その続きです。 小学校4年生のとき、いつものように息子との「今日の出来事のおさらい」をするのですが、どこか様子がおかしい。お風呂に入る前から様子がおかしかったので、その日はお風呂からあがっても、さらに聞き取りに時間をかけて確認したところ、どうやら...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(今日の出来事のおさらいで説明の練習編)

前回、息子とのお風呂タイムで、小学校入学以降は、今日の出来事のおさらいとして「今日の給食の献立は何?」「今日の授業は何だった?」などを確認していたというお話でした。その続きです。 発達障害児は一般的にコミュニケーションが苦手な子が多いです。息子も同様でしたので、物事を説明する良い練習になったと思います。また、その日の出来事を時系列で記憶を整理する練習にもなったのではないかとも思います。特に後者は...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(お風呂タイム編)

息子が小学校の低学年くらいまでは、私の帰りが遅くてなかなかコミュニケーションをとる時間が限られていましたが、遅くとも9時には帰宅できるようには調整していました。その頃の息子との主なコミュニケーションは、お風呂タイムでした。 【進研ゼミ小学講座】 お風呂での息子とのコミュニケーションは、幼児期から成人を過ぎた今でも続いています。 幼児期は身辺自立の一環として、湯船に入って良くあった...

続きを読む

発達障害の息子とのコミュニケーション始めました(目玉クルリで視線合わせ編)

当時、会社から帰ってきてからの私の日課は、ソファーに座って一息ついたら、息子を抱っこして話しかけることでした。なぜか息子は私の抱っこを嫌がり、ファンタジーの世界へいって建造物を作りたがりました。ですから、私がゴジラになるまでは、抱っこ時間はせいぜい5分くらいが限界でした。ところが、ゴジラの破壊活動が始まってからは、抱っこの限界時間が徐々に伸びていくようになりました。最終的に、息子の創作活動が終了し...

続きを読む