発達障害 普通学級・特別支援学級でのトラブル 解決へのヒント

普通学級または特別支援学級に発達障害のお子さんを在籍させている場合、さまざまなトラブルが生じることがあります。発達障害児は、その障害特性からからかいの対象となりやすいです。また、発達障害児は、その場の雰囲気を読むことがむずかしく不用意な発言から他者を不愉快な気持ちにさせたりすることがあるために、トラブルが生じやすい環境ができやすいともいえます。 ですが、発達障害のお子さんの親御さんの心境としては...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 就職活動へのアプローチ 障害者雇用する企業は何を重視してる? 

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境が、「就労を実現するための最低条件」の習得の阻害要因になっていること、そのような状況のなかで、親御さんが本来の目標を見失うことなく、お子さんの就労の実現をするためには、どうしたらいいのかについて、お話ししました。 今回は、発達障害のお子さんの就労を実現させるために、実際の就職活動へのアプローチについてお話しします。 【月刊教材ポピー 】 ...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 阻害要因を回避するには(4)まとめ編

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境に流されやすい傾向にあること、その特別支援学級編について、お話ししました。また、特別支援学級は、普通学級と違って発達障害についてある程度理解のある環境ですが、特別支援学校のように先生の人数がそろっている環境ではありませんので、特別支援学校ほどの行き届いたサポートは期待するのはむずかしいことも、お話ししました。 親御さんにとって、発達障害のお子さんの就学先が...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 阻害要因を回避するには(3)特別支援学級編

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境に、流されやすい傾向にあること、特別支援学校では親御さん、お子さんにとって過ごしやすい環境なので、ぬるま湯のような状態に慣れてしまい、本来の目標を見失いがちになってしまう傾向があることをお話ししました。 <就労を実現するための最低条件> 最低限の学習能力(簡単な読み書き能力、簡単な四則計算能力、簡単な判断能力) 就労...

続きを読む

発達障害のお子さんの就労を実現するために 阻害要因を回避するには(2)特別支援学校編

前回は、発達障害のお子さんの就学先の環境に、親御さんがあまり良くない意味で流されやすい傾向にあることをお話ししました。特に普通学級は、発達障害児には過酷な環境であり、さまざまなトラブルが発生するリスクがあります。 トラブルにより、親御さん、お子さんがともに疲弊してしまい、本来ならば期待できたお子さんの成長が阻害されてしまうことがあること、二次障害の恐れがあることをお話ししました。そのような状況で...

続きを読む