発達障害 学習姿勢の習得はどうすればいいの? <夏休みはスキルアップのチャンス!>

前回、発達障害のお子さんの学習能力をコンスタントにアップさせていくためには、お子さんに学習姿勢(前向きに学習する気持ち)を習得させる必要があることをお話ししました。 また、学習姿勢を習得させるには、お子さんの学習目的が明確にすること、学習することの楽しさを教えることが必要であることもお話ししました。 お子さんの学習姿勢ができていない場合、最終的にはお子さんの学習目的が明確にすること、学習するこ...

続きを読む

発達障害 学習姿勢の習得や学習習慣の定着(就労スキルを磨こう) <夏休みはスキルアップのチャンス!>

夏休みは時間がたっぷりありますので、家庭でさまざまなチャレンジができるチャンスです。日常生活では日中は学校がありますし、放課後も宿題があったりもしますので、親御さんもお子さんにゆっくり時間をかけて学ばせることができないと思います。 そういう意味では、夏休みはお子さんにしっかり寄り添って、さまざまなスキルを習得させる絶好のチャンスです。 とはいえ、何をしたらいいでしょうか。お子さんに習得させたい...

続きを読む

高等特別支援学校を目指すお子さんのチャレンジ(意外な落とし穴にご注意を)

高等特別支援学校の受験を検討しているお子さんで、今中学3年生でしたら、受験対策をいろいろと考えていることと思います。 受験試験対策を始めよう 具体的な受験対策としては、試験内容の確認です。高等特別支援学校にもよりますが、試験内容は筆記試験(国語、算数が多いですが、英語や作業能力などを問う問題もあります)、作業能力試験(試験官の指示通りに作業ができるかなど)、体力試験(身体能力を確認す...

続きを読む

成年後見人制度 発達障害の息子の場合

前回、息子が高校生のとき「成年後見人制度」を検討したとお話ししました。その当時、その制度内容やメリット・デメリット等を調べましたが、すぐに結論が出せず、息子が成人するまでにはまだ時間がありましたので、一旦保留にしていました。 息子と再検討しました 息子が二十歳になった頃、社会人としては2年目です。そろそろもう一度、検討する時期になったので、再考してみました。もう既に、「成...

続きを読む

発達障害者の成年後見人制度 デメリットに要注意!

前回、成年後見人制度の概要について、簡単に説明いたしました。今回はその続きです。 成年後見人制度を検討する理由 お子さんが未成年の場合、親権者の同意なくお子さんが高価な物品を不当に買わされたり、不当な契約を結ばされたりしたときには、親権者である親御さんがそれを取り消すことができます。お子さんが未成年であれば、発達障害者でも健常者でもそれは同じです。 しかし、お子さ...

続きを読む