発達障害児に対するいじめ対策 いじめ問題が深刻化しやすい9つの要因とその解説 ①

前回は、「発達障害児を原因とするいじめ」に対して、親御さんが取れる対応について、お話ししました。 あわせて読みたい 発達障害児に対するいじめ対策 いじめ問題が深刻化したときに、親として取るべき選択は? ②いじめを受けて、苦しい状況の中でも冷静になって、お子さんにとって最適な選択をしましょう。大事なことは、お子さんの幸せな将来の生活の実現です。 ...

続きを読む

発達障害児に対するいじめ対策 いじめ問題が深刻化したときに、親として取るべき選択は? ②

前回は、発達障害児に対するいじめが発生した場合、なかなか解決できずに問題がこじれてしまうことがあること、その際、親として取るべき解決策への行動について、お話ししました。 あわせて読みたい 発達障害児に対するいじめ対策 いじめ問題が深刻化したときに、親として取るべき選択は? ①いじめ解決が困難な場合、親として取るべき現実的な対応は…。まずは、お子さんのメンタ...

続きを読む

発達障害児に対するいじめ対策 いじめ問題が深刻化したときに、親として取るべき選択は? ①

前回は、発達障害児に対するいじめ対策として、発達障害のお子さんのいじめがどんな環境で発生しやすいのか、どのような状況で発生しやすいのかなどを知っておくことが重要であることをお話ししました。 また、いじめの発生原因が発達障害児にある場合は、お子さん自身の問題を解決しないと、また、同じようなトラブルが発生しますので、注意が必要であることもお話ししました。 あわせて読みたい ...

続きを読む

発達障害児に対するいじめ対策 普通学級はいじめが発生しやすい環境です

発達障害のお子さんをいじめから守るためには、まず、いじめがどんな環境で発生しやすいのか、どういう状況で発生しやすいのかなどを知っておく必要があると思います。 もし、ある程度予測ができるとしたら、いじめを防止したり阻止したりすることができるかもしれません。 普通学級にいじめが発生しやすいのは、どうして? 発達障害児へのいじめは、主に普通学級で発生しています。 私の息子...

続きを読む

これで発達障害のお子さんも好感度アップ(上級編)

前回は、会社内のコミュニケーション不足から起こるよくある問題について、ご紹介しました。 また、その解決方法としては、会社がコミュニケーション不足の組織同士に、コミュニケーションの機会を提供することでした。 そのうえで、この問題の解決に「協調性」が重要な役割を果たしていることも、お話ししました。 また前回、コミュニケーションツールとして、あいさつ、および「報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)」...

続きを読む