「もっと勉強しなきゃだね!」算数のお勉強中のキッズ

前回は、息子が在籍していた高等特別支援学校でのパン製造について、ご紹介しました。

パンの製造には、製造工程を理解するだけではなく、算数の知識も必要だということもお話ししました。

その算数の知識も、小学校の算数としてはもっともむずかしい比の計算(比例計算)です。

詳しくは、こちらをご参照ください。

比の計算については、高等特別支援学校の入試問題にも出題されたことがあります。

今回、模擬問題を作成してみましたので、ご紹介します。

レシピに関する模擬問題

バターロール
<バターロールのレシピ(10個分)>
強力粉 (100g)
薄力粉 (100g)
(3g)
砂糖 (25g)
バター (30g)
ドライイースト (3g)
牛乳 (100㎖)
卵1個 (50g)

上記はバターロール10個分のレシピです。これを参考にして、以下の問いに答えなさい。(当ブログオリジナル問題)

問題1

 バターロールを30個作るのに必要な砂糖の分量は何グラムですか?

バターロールを10個作るのに必要な砂糖の分量は、25グラム。今回、作るバターロールは30個(レシピの3倍)だから、

25グラム × 3倍 = 75グラム

答 75グラム

 バターロールを5個作るのに必要なバターの分量は何グラムですか?

バターロールを10個作るのに必要なバターの分量は、30グラム。今回、作るバターロールは5個(レシピの1/2)だから、

30グラム × 1/2 = 15グラム

答え 15グラム

 バターロールを100個作るのに、必要な牛乳の分量を量ります。200㎖の計量カップで量ります。計量カップ何杯分ですか。

バターロールを10個作るのに必要な牛乳の分量は、100㎖。今回、作るバターロールは100個(レシピの10倍)だから、

100㎖ × 10倍 = 1000㎖ (必要な牛乳の分量)

200㎖の計量カップで何杯分と問うているから、

1000㎖ ÷ 200㎖ = 5

答え 5杯分

 Aさんは、バターロールを作るために塩を60グラム用意しました。Aさんは、バターロールを何個つくる予定だったでしょうか。

バターロールを10個作るのに必要な塩の分量は、3グラム。Aさんが用意した塩の分量は60グラムだから、

60グラム ÷ 3グラム = 20倍

塩3グラムは、バターロールを10個作るのに必要な塩の分量だから、塩60グラムはその20倍のバターロールの個数の分量。したがって、

10個 × 20倍 = 200

答え 200個

問題2

下記はバターロール25個分のレシピです。➀~⑧に数字を入れてレシピを完成させなさい。

<バターロールのレシピ(25個分)>
強力粉 (①g)
薄力粉 (②g)
(③g)
砂糖 (④g)
バター (⑤g)
ドライイースト (⑥g)
牛乳 (⑦㎖)
卵1個 (⑧g)
解答欄

問題は、バターロール25個分のレシピですから、<10個分のレシピ>のそれぞれの分量に、すべて2.5倍すればいい。

① 100グラム × 2.5倍 = 250グラム

答え 250グラム

② 100グラム × 2.5倍 = 250グラム

答え 250グラム

③ 3グラム × 2.5倍 = 7.5グラム

答え 7.5グラム

④ 25グラム × 2.5倍 = 62.5グラム

答え 62.5グラム

⑤ 30グラム × 2.5倍 = 75グラム

答え 75グラム

⑥ 3グラム × 2.5倍 = 7.5グラム

答え 7.5グラム

⑦ 100㎖ × 2.5倍 = 250㎖

答え 250㎖

⑧ 50グラム × 2.5倍 = 75グラム

答え 75グラム

問題1 のの問題は、考え方がちょっとむずかしいかもしれません。上記の模擬問題の難易度は、高等特別支援学校の入試問題の難易度と同じくらいです。一度にすべて習得させるのは困難ですから、少しずつ理解させましょう。

今回のまとめ

高等特別支援学校の入試模擬問題(レシピから必要な材料の分量を求める問題など)

  • 基本は比の計算。(パンの製造個数が2倍になれば、必要な材料の分量もすべて2倍になる。パンの製造個数が1/2になれば、必要な材料の分量もすべて1/2になる)
スマイル「高等特別支援学校ってどんなところ? キラリと光る生徒たちを発見!」関連記事