水分補給のペットボトルを片手に、暑いと汗をかきかき、手団扇で仰いでいる作業服の男性

息子は、私ゆずりの汗っかきです。学生時代は、それほど臭いが気にならなかったのですが、会社入社後、工場内の温度がわりと高いためか、かなりの汗をかいているようです。特に夏場は、相当量の汗をかいています。会社では熱中症対策として、こまめに水分補給をするようにわざわざそのための休憩時間を増やして対応しているようです。

夏場、息子はほんのりといい臭いを漂わせながら、帰宅してきます。今は対策をしていますのでほんのりといい臭いですが、対策以前は周囲の方々の迷惑になっていたかもしれません。大量の汗と臭いは、会社で頑張って仕事をしている息子の勲章ですが、周囲に迷惑がかかっているとすれば、それだけで人間関係に亀裂ができることもありますから、早急に対策が必要でした。清潔感は、とても大事です。ですから、気がついた時点ですぐに対応しました。

<制汗対策として>
  1. 朝、自宅で制汗スプレーを使用。制汗スプレーを会社にもおいていて、退社時にもスプレーする。
  2. 出社時の着替えの際、タオルを直接体に当てて、その上から作業服を着る。汗を吸ったタオルは、退社時の着替えの際に取り換える。
  3. 作業服は、毎日自宅に持ち帰って、洗濯する。
  4. 帽子は、毎週末に自宅に持ち帰って、洗濯する。
  5. 安全靴は、自宅に持ち帰れないので、毎日消臭スプレーをかける。

会社からは、帽子、作業服、安全靴などを貸与されていますが、どれも気をつけていないと知らず知らずのうちに、いい臭いを漂わせ周囲の人に迷惑を及ぼしてしまうことになります。臭いは、わりと本人では気づきにくいものです。また、周りも本人には指摘しにくいものです。指摘をされる頃には、人間関係にも悪い影響を与えかねないものですから、親御さんが気づいた時点で早めに対策を取ってあげましょう。

なお、汗をかく環境であれば、どうしても臭いの問題はついてまわります。(汗臭は、代謝の活発な10代半ば~20代半ばに強くなります。)息子は、学生時代は運動部ではなかったので、学生時代には消臭対策をするほどではありませんでしたが、あなたのお子さんが運動部の場合は、気をつけた方が良いと思います。また、女子の場合は特に気をつけてあげましょう。重要なのは、汗をかく環境であれば、臭いが生じるかもしれないという本人への意識づけが大事です。

スマイル「清潔感、大丈夫ですか?」関連記事