発達障害 子育て研究所

-
就労を見すえた子育てで、発達障害児に幸せな未来を。そして、わが子を愛される子どもに。

息子の高等特別支援学校への挑戦 合格への道(進学先を考える前にしておきたいこと・事前準備編①)

前回は、就労の近道である高等特別支援学校について、どのような就労スキルなどを学ぶことができるかなど、その活動内容についてお話ししました。 あわせて読みたい 就職率の高さには理由がある! 高等特別支援学校の魅力とは。高等特別支援学校の授業で学ぶのは、就労スキルだけではありません! 就労を継続していくために大事なことも習得できます。職場実習のコアな部分もお話して...

続きを読む

働く幸せの像 人間の究極の幸せとは?

みなさんは、「日本理化学工業株式会社」という会社をご存知でしょうか。この会社は障害者雇用で有名な会社ですので、知っている方も多いことでしょう。この会社には「働く幸せの像」というものがあるそうです。その像の碑に刻まれている言葉を、ぜひ、ご紹介したいと思います。なお、もっと興味のある方は、会社のホームページをご確認ください。 日本理化学工業株式会社HP http://www.rikagaku.co.jp/index.php ...

続きを読む

息子の高等特別支援学校への挑戦 合格への道(情報収集が決め手!進学先を絞るための3つのポイント 事前準備編②)

前回は、息子の進学先候補のメリット、デメリットの考察と、息子の能力を総合的に判断し、中学校卒業以降の進学先候補の検討する過程をご紹介しました。 あわせて読みたい 息子の高等特別支援学校への挑戦 合格への道(進学先を考える前にしておきたいこと・事前準備編①)息子の最終的な目標は、より健常者に近い将来設計でした。その実現のためには、就労の実現が大前提となりまし...

続きを読む

愛される子どもは、人の心を動かす

日本理化学工業株式会社の会長である大山泰弘氏が障害者雇用をすることになったきっかけについてお話します。大山氏が、特別支援学校の先生から卒業予定者の就職のお願いをされて、一旦は断ったものの、先生から「これまで、就職はすべて断られました。この子たちはこのまま施設に送られれば、働くことを経験せずに一生を終えてしまう。せめて、実習だけでもさせてもらえないだろうか」といわれ、可哀そうになり実習を承諾したそう...

続きを読む

発達障害 カレンダーを使った問題(入試模擬問題)にチャレンジ!(高等特別支援学校の入試の過去問題から)

前回は、時刻表を使った時間の計算問題にチャレンジしました。 あわせて読みたい 発達障害 時刻表を使った時間の計算(入試模擬問題)にチャレンジ!(高等特別支援学校の入試の過去問題から)今回は、生活力を試される応用問題です。あなたのお子さんは時刻表を理解して、自力でバスに乗れますか? 今回は、カレンダーを使った問題にチャレンジします。 カレン...

続きを読む