トラブル

タグ

トラブル

発達障害のお子さんの不登校、保健室登校の危機! そのとき、学校の対応は?

発達障害のお子さんの不登校、保健室登校の危機! そのとき、学校の対応は?

学校を舞台とした社会問題は、時代とともに推移しているように思います。 私の中学、高校時代は、校内暴力や受験戦争が新聞ネタとなっていたと記憶しています。大学に進学した頃からは校内暴力は沈静化していて、学級崩壊に話題が移りつつありました。 その後、就職・結婚を経て、息子たちが誕生した時期からは、学級崩壊の報道は徐々に減りはじめ、いじめや不登校が社会問題として世間の注目を集めるようになって、現在に...

発達障害児タイプ別 お友だち攻略法 「話しかけるのに躊躇するタイプ編」

発達障害児タイプ別 お友だち攻略法 「話しかけるのに躊躇するタイプ編」

前回、発達障害児のコミュニケーションを基準としたタイプ分類をおこない、お友だち攻略法の「話しかけるのに躊躇しないタイプ」攻略編をお話ししました。 関連記事 発達障害児タイプ別 お友だち攻略法 「話しかけるのに躊躇しないタイプ編」 発達障害児のコミュニケーションを基準としたタイプ別の友だちづくりの方法について、お話していきます。今回は、...

発達障害児タイプ別 お友だち攻略法 「話しかけるのに躊躇しないタイプ編」

発達障害児タイプ別 お友だち攻略法 「話しかけるのに躊躇しないタイプ編」

前回、発達障害児のコミュニケーションを基準としたタイプで分類してみました。 関連記事 発達障害児に友だちはどうしたらできるの? 発達障害児が新しく友だちをつくるきっかけとは? 発達障害児のコミュニケーションのタイプから考えていきます。 続きを読む このタイプ別の友だちづくりの方法について、私の考え...

担任の先生との信頼関係をどう構築する?

担任の先生との信頼関係をどう構築する?

担任の先生とは、これから最低でも1年間はお子さんがお世話になるのですから、できれば信頼関係を構築しておきたいところです。 息子の場合は、担任の先生が変わる場合には、毎回面談をお願いしていました。 担任の先生への息子の障害に関しての説明は、いつも簡単に済ませていました。 あまり詳細に説明しても、おそらく十分な理解はできないだろうと思いますし、混乱させてもいけないと考えたからです。 広告...

新入学、新学期を迎えて、新しい担任の先生とは良い関係を

新入学、新学期を迎えて、新しい担任の先生とは良い関係を

もうすぐ新年度が始まります。 小学校に新入学を迎える発達障害のお子さんがいるご家庭では、親御さんは、新しい環境での期待よりも進学先で子どもがうまくやれるかどうかの不安の方が大きいかもしれません。 特に普通学級を選択されている場合は、学習面で遅れることがないか、他のクラスメートとの関係がきちんと構築できるかなど、とても心配されているかもしれません。 進級の場合でも、親御さんの心配は尽きません。...

発達障害のお子さんの不登校、保健室登校の危機! 子どもは話したがらない

発達障害のお子さんの不登校、保健室登校の危機! 子どもは話したがらない

前回は、不登校が社会問題にまで発展していること、不登校がその後の「ひきこもり」の原因になっていることをお話ししました。 関連記事 発達障害のお子さんの不登校、保健室登校の危機! 不登校の現実とその将来は? 親御さんがもっとも気をつけるべきことは2つ!・お子さんを「ひきこもり」「不登校」にさ...

発達障害児に対するいじめ対策 普通学級はいじめが発生しやすい環境です

発達障害児に対するいじめ対策 普通学級はいじめが発生しやすい環境です

発達障害のお子さんをいじめから守るためには、まず、いじめがどんな環境で発生しやすいのか、どういう状況で発生しやすいのかなどを知っておく必要があると思います。 もし、ある程度予測ができるとしたら、いじめを防止したり阻止したりすることができるかもしれません。 広告 普通学級にいじめが発生しやすいのは、どうして? 発達障害児へのいじめは、主に普通学...

発達障害児に対するいじめ対策 いじめの本質がわかると解決策が見えてくる

発達障害児に対するいじめ対策 いじめの本質がわかると解決策が見えてくる

前回は、「いじめ対策のまとめ」をご紹介しました。 関連記事 発達障害児に対するいじめ対策 親御さんが取るべき行動は?(総集編) ー いじめ対策完全マニュアル ー 発達障害の息子へのいじめを解決したオヤジの渾身の作。健常児のいじめにも十分参考になる内容になっています。 ...

発達障害 普通学級・特別支援学級でのトラブル 解決への3つのヒント

発達障害 普通学級・特別支援学級でのトラブル 解決への3つのヒント

普通学級または特別支援学級に発達障害のお子さんを在籍させている場合、さまざまなトラブルが生じることがあります。発達障害児は、その障害特性からからかいの対象となりやすいです。また、発達障害児は、その場の雰囲気を読むことがむずかしく不用意な発言から他者を不愉快な気持ちにさせたりすることがあるために、トラブルが生じやすい環境ができやすいともいえます。 ですが、発達障害のお子さんの親御さんの心境としては...

いじめに負けるな 私と息子のいじめ解決奮戦記 ④ 息子は想像以上に傷ついていた編

いじめに負けるな 私と息子のいじめ解決奮戦記 ④ 息子は想像以上に傷ついていた編

前回は、学校側と初めて面談したお話でした。ここでもまさかのとんでもない展開。先生方の発言に驚かされました。こちらをご参照ください。 あわせて読みたい いじめに負けるな 私と息子のいじめ解決奮戦記 ③ 学校側はもみ消したい編学校側との初面談も信じられない展開に…。先生も自己保身のためには、ウソをついたりするんです。 今回は、面談後のお話です...