発達障害 子育て研究所

-
一番病

一番病

発達障害児の子育て 「一番病」克服のとっておき!

一番病ってどんなもの? お子さんの一番病でお悩みの親御さんは、少なくないと思います。 一番病は、「何でも一番じゃなきゃイヤダ」というものです。 その症状の出方には個人差がありますが、発達障害児の場合、激しいパニックを起こしたりすることが多いので、とても厄介なものです。 一番病の症状の具体例を列挙すると・・・、 テストで一番が取れないとイヤダ かけっこで一番じゃないとダメ ...

続きを読む

協調性が育つと一番病も良い方向に

前回、一番病の問題点は、負けて悔しいからと泣いて怒ることだと申し上げました。 あわせて読みたい 一番病という名の困ったちゃん何でも1番じゃなきゃいやだ! 発達障害児の「一番病」 かけっこ、夕ご飯のおかずの量、どんなことでも…。どう育てていけばいいのでしょう。本質から考えていきます。 負けて悔しいと思う心は、大人だって同じですが、大人は泣いて怒...

続きを読む

一番病という名の困ったちゃん

私の知り合いのお母さんに、息子が一番病で困っているという方がいました。 どんなことでも、何でも1番じゃなきゃいやだといい、お母さんを困らせていました。 そのお子さんは、当時、幼稚園児でした。 幼稚園でかけっこで友達に負けると怒り、夕ご飯のおかずがお父さんより少ないと怒りだすようです。 何でも、自分が気づいたら一番でないとその都度かんしゃくを起こして、手がつけられなくなるようです。 そのお...

続きを読む