就学

せっかくなら、幸せな将来を。発達障害児が将来幸せな生活を送るために必要なこと。

最終目的は、お子さんの将来の幸せな生活 人間にとって人生を生きる最終目的は、幸せになることです。 健常児でも発達障害児でも、それは同じです。 発達障害児でも将来の幸せな生活を考えた場合、どうしてもある程度のお金は必要となってきます。 まあ、お金はたくさんあるに越したことはありませんが、多くの庶民には縁遠いものです。 ですが、現実問題として、あなたのお子さんが将来の幸せな生活を過ごすた...

続きを読む

高等特別支援学校を目指すお子さんのチャレンジ(意外な落とし穴にご注意を)

高等特別支援学校の受験を検討しているお子さんで、今中学3年生でしたら、受験対策をいろいろと考えていることと思います。 受験試験対策を始めよう 具体的な受験対策としては、試験内容の確認です。高等特別支援学校にもよりますが、試験内容は筆記試験(国語、算数が多いですが、英語や作業能力などを問う問題もあります)、作業能力試験(試験官の指示通りに作業ができるかなど)、体力試験(身体能力を確認す...

続きを読む

愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~

お子さんの将来の幸せな生活がイメージできる お子さんの成長が期待できる子育てができる 就労や学校生活(集団生活)に重要な協調性の身につけ方がわかる 就労への準備(職場実習など)がスムーズにできる 発達障害児の就労の実現や就労の継続に必要なことがしっかりわかる 一般企業に就労しよう! 発達障害児を抱える親御さんの多くが、一般企業への就労を希望されています。 ですが、お子さんを...

続きを読む

どんな先生が担任の先生として理想的なの? ②

今回は、担任の先生としての理想像について、私の独断と偏見に満ちた個人的な考えをお話ししたいと思います。 建前でいえば、どんな先生でも信頼関係を構築していかなければならないので、やるべきことをやるだけです。ですが、本音はちょっと違います。 本音をいえば、発達障害に理解を示してくれるというか、寛容な先生であってほしいと思います。ただし、発達障害の知識はまったくなくてもいいと考えています。先生と...

続きを読む

どんな先生が担任の先生として理想的なの? ①

先生にもさまざまなタイプがいます。年齢、性別、性格、発達障害に対して理解がある先生とそうでない先生と、本当にさまざまです。ですが、残念ながら現実には担任の先生になる先生を選ぶことはできませんから、こればかりは運任せになります。 とはいえ、一旦担任の先生となれば、最低でも1年間はうまく付き合っていかなければなりません。特に発達障害のお子さんを抱える親御さんにとっては、とても気になるところでしょう。...

続きを読む