発達障害 子育て研究所

-
愛される子どもへ

愛される子どもへ

子育てがうまくいくとこんないいことが・・・

発達障害の息子は、パニックを起こして大暴れする子どもでした 妻によると息子は、生まれて1歳くらいまでは、子育てが楽な子どもだったといいます。息子が歩けるようになる頃から多動が顕著になりました。私が強く記憶している息子は、多動な息子からです。妻が息子を抱っこしても問題なかったのですが、この頃から私の抱っこをとても嫌がるようになりとてもショックだったので、とても記憶が鮮明なのです。 この頃から、息...

続きを読む

愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~

お子さんの将来の幸せな生活がイメージできる お子さんの成長が期待できる子育てができる 就労や学校生活(集団生活)に重要な協調性の身につけ方がわかる 就労への準備(職場実習など)がスムーズにできる 発達障害児の就労の実現や就労の継続に必要なことがしっかりわかる 一般企業に就労しよう! 発達障害児を抱える親御さんの多くが、一般企業への就労を希望されています。 ですが、お子さんを...

続きを読む

愛される子どもを育てよう

発達障害児でも、愛される子どもに育てたい わが子がみんなに「愛される子ども」になってほしいというのは、親ならば誰しも願っていることだと思います。ましてや、わが子が発達障害児ならばなおさらです。 しかし、一般的な発達障害児のイメージは、残念ながら「愛される子ども」からはかけ離れているように思います。その理由は、発達障害の障害特性にあるのではないでしょうか。その障害特性にはさまざまなものがあ...

続きを読む