発達障害 子育て研究所

-
協調性が育つと一番病も良い方向に

ガッツポーズの男の子

前回、一番病の問題点は、負けて悔しいからと泣いて怒ることだと申し上げました。負けて悔しいと思う心は、大人だって同じですが、大人は泣いて怒ったりしません。この違いは何なのでしょうか。

それは、一番病の子どもに「協調性」が十分に育っていないからです。負けて悔しいからと泣いて怒る行動は、「負けてものすごく悔しい」という自己アピールですが、そばにいる人をとても不愉快にさせる行為です。それをそのままにしておくと、友だちとの間でトラブルを自ら招くことになります。

「協調性」が身についてくると「他のみんなも勝ちたいと思っているはず。かけっこで勝ちたければ、足が速くなるように練習して、正々堂々と勝てばいい」と考えるものです。負けても、「自分の努力が足りなかったから負けたけど、次は勝てるように努力しよう」とか、「かけっこではどうしても勝てないけれど、勉強では絶対に負けないように頑張ろう」というように、負けた悔しさは表に出さずに、負けないように努力したり、自分の得意分野で頑張ろうとするようになります。

なお、一番病について、「病」がついているので、病気と思われるかもしれませんが、そうではありません。どんな子どもでも成長の過程で現れるものです。子どもの頃にしたヒーローごっこでは、誰もがヒーローになりたがったし、女の子ならば、ドラマのヒロインやお姫様に憧れた方も多いはずです。

一番病も「協調性」が育ってくると、負けた悔しさを表に出さなくなります。しかし、負けず嫌いは変わりません。負けたくないから努力するといった具合に昇華していきます。または、ゲームのようなものの勝ち負けはどうでも良いが、ここ一番の勝負には勝ちたいので頑張るといった具合に、より負けたくないものに対する執着心や粘りが出てきます。これも大人への成長の1つです。

なお、前出のお母さんには、「協調性」を育てるようにアドバイスしました。

しかしながら、「協調性」を育てるのは、結構大変な作業です。「協調性」がどんなものか知る必要があります。「協調性」ついては、こちらで詳細にご紹介しています。

嬉しそうな笑顔のお母さん

『愛される子どもを育てよう ~ガンバルお母さんへのメッセージ~』

  • お子さんの将来の幸せな生活がイメージできる
  • お子さんの成長が期待できる子育てができる
  • 就労や学校生活(集団生活)に重要な協調性の身につけ方がわかる
  • 就労への準備(職場実習など)がスムーズにできる
  • 発達障害児の就労の実現や就労の継続に必要なことがしっかりわかる
スマイル「発達障害と一番病」関連記事