地図

前回は、「時刻」「時間」の概念の確認、時間の計算の例題演習をいたしました。

今回はその続きです。

例題2:当ブログオリジナル問題

Aさんが10時40分に自宅を出て、駅に着くのに50分かかりました。Aさんが駅についたのは、何時何分でしたか。

「Aさんが自宅を出た時刻 10時40分」示しているアナログ時計
  時  分

解答例

(1)アナログ時計を使って解く方法
自宅から駅に着くまでにかかった時間(長針が動いた時間)を解説するアナログ時計の図

駅に着いた時刻は自宅を出た時刻の50分後だから、長針は⑧から⑥まで50メモリ進んで、時刻は11時を過ぎてからさらに30分後の時刻。だから、答えは11時30分

(2)計算で解く方法

(駅に着いた時刻)は、(自宅を出た時刻)に(自宅から駅に行くのにかかった時間)を足し算することで求められる。

(自宅を出た時刻)に(自宅から駅に行くのにかかった時間)を足し算するひっ算の解説

※足し算をした際、分(の位)は40分と50分を足すと合計は90分になりますが、90分という時刻はないので、1時間を繰り上げる。そのとき、1時間=60分なので、繰り上がった時間は60分。分(の位)の残りは30分。時間(の位)は、1時間繰り上がったので、10時に1時間を足して11時となる。したがって、答えは、11時30分

例題3:当ブログオリジナル問題

Aさんが自宅を出て、11時20分に駅に着きました。自宅から駅に着くまでに30分かかりました。Aさんが自宅を出たのは、何時何分でしたか。

「Aさんが駅に着いた時刻 11時20分」示しているアナログ時計
  時  分

解答例

(1)アナログ時計を使って解く方法
駅についた時刻から30分さかのぼる長針の動きを解説するアナログ時計の図

自宅を出た時刻は、駅に着いた時刻よりも30分前だから、長針は④から⑩まで30メモリ戻った時刻。自宅を出た時刻は10時台に戻ってさらに10分前だから、答えは10時50分

(2)計算で解く方法

(自宅を出た時刻)は、(駅に着いた時刻)から(自宅から駅に行くのにかかった時間)を引き算することで求められる。

(駅に着いた時刻)から(自宅から駅に行くのにかかった時間)を引き算するひっ算の解説

※引き算をする際、分(の位)は20分から30分は引けないので、時間(の位)から1時間を繰り下げる。時間(の位)は、1時間繰り下がったので、11時から1時間を引いて10時となる。そのとき、1時間=60分なので、分(の位)に繰り下がった時間は60分。元の20分と繰り下がった60分を足すと80分になる。この80分から30分を引くと、分(の位)は50分となる。したがって、答えは、10時50分

時間の問題を解くポイント

「「計算で解く方法」は必ずマスターしよう」と書かれたボードとヒヨコちゃん

ここでは、解答例を2種類(アナログ時計を使って解く方法、計算で解く方法)を用意しましたが、「計算で解く方法」は必ずマスターした方が良いと思います。

その理由は、ここでは例題演習を3種類用意しましたが、実際に出題される問題は、この例題演習より複雑な問題が出題される可能性があるからです。

この例題演習より複雑な問題とは、実際には分単位まで求める問題、長針が1周以上(1時間以上経過する)の問題が出題される可能性があるということです。

その場合、「アナログ時計を使って解く方法」では間違いやすいと思われるからです。

時間の計算に関する問題は、日常生活でもよく経験することですから、生活上でも必要な知識です。

また、高等特別支援学校への入学を目指しているなら、ぜひ、クリアしておきたい課題でもあります。

つまずきやすい時間の問題

「「時間の計算は「60進法」です」とヒヨコちゃん

時間の計算に関する問題は、健常児でもつまずきやすいむずかしい問題でもあります。

時間の計算がむずかしい理由は、時間が他の計算と違い60進法だからです。

例えば、1時間30分という時間は、1時間半とも表記できます。小数で表記すると、1.5時間です。30分は0.5時間です。とてもわかりにくいです。

1時間30分 の表現

1時間30分 = 1時間半

小数で表記すると、

1時間30分 = 1.5時間

30分を小数で表記すると

30分 = 0.5時間

20分の場合は、小数では0.33333・・・時間となってしまいます。

分数であれば、20分/60分=1/3時間と表記できます。

20分を分数で表記すると

20分/60分 = 1/3時間

これは分を時間に変換したものです。

この単位の変換は、小学校で学習する算数のなかではもっともむずかしい「比」や「割合」を、理解できていないとちょっとむずかしい課題かもしれません。

どちらにしても、一朝一夕ではクリアすることはできませんから、あせらずに少しずつ習得させていくことをおすすめします。

これらをお子さんに習得させるには、時間の計算のドリルで、お子さんの理解度を確認しながら、さらに理解を深めていく必要があります。

お勉強している男の子

時間の計算のドリルでおすすめは、「ドリルの王様」です。

時間の計算問題については、基礎問題から応用問題まで小刻みに幅広く網羅しており、さらにスモールステップでやりやすい教材だと思います。

また、小学生向けのドリルとしては、時間の計算問題だけに特化したドリルがあるのは、うれしい限りです。

一部の問題については、無料ダウンロードができますので、内容をご確認のうえお試しください。ぜひ、おすすめです。

ドリルの王様ホームページ

ドリルの王様 無料ダウンロードページ

今回のまとめ

「時刻」「時間」の概念について

  • 「時刻」の概念(点のイメージ)
  • 「今、何時?」の今の「○時○分」が「時刻」
  • 「時間」の概念(線のイメージ)
  • 「時間が3分間かかる」の「3分間」が「時間」

時間の計算問題の解き方

  • 計算で解くときは、繰り上げ、繰り下げの計算に注意

※1時間=60分なので、繰り上げ、繰り下げも60分となる

今回はここまでです。

次回も時間の計算ですが、さらに実践的な応用問題になります。お楽しみに。

スマイル「発達障害児のお勉強 ここが苦手(高等特別支援学校のお受験対策にもお役立ち)」関連記事