発達障害 子育て研究所

-
高等特別支援学校 入学者選抜試験 模擬問題(数学・バラエティ問題編)

今回は、「概数(四捨五入)」「漢数字」「はかり」問題にチャレンジ!

漢数字って何?

漢数字って何?

漢数字とは、そのまま漢字で表記された数字のことです。

具体的には、以下のとおりです。

漢数字の例
一、二、三、四、五、六、七、八、九
十、百、千、万
「数字」「漢数字」の例
11  十一
3078  三千七十八
330004  三十三万四
「漢数字」「数字」の例
三十六  36
七千二十二  7022
二万三千四十八  23048
「漢数字→数字」「数字→漢数字」両方できるようにね。

日常生活でもよく使う「概数(がいすう)」と「四捨五入」について

概数が苦手な女の子

全児童数が961人の小学校があったとします。

全児童を細かく管理する先生の立場ならば、正確な児童数を把握しておく必要があります。

しかし、この小学校の特色などを校外の方々に紹介する場合などでは、「全生徒数は約千人の児童、または、大体960人の児童在籍している学校です」と、ざっくりとした紹介になると思います。

このざっくりとした数字が、「概数:おおよその数」です。

「概数」の説明

「概数」はおおよその数という意味ですが、具体的には端数を処理した数ということができます。

この端数処理には、一般的には「四捨五入」が多く利用されています。

「四捨五入」の説明

四捨五入の具体例

961人の生徒数について

【1】 十の位を四捨五入する場合

十の位は「6」なので切り上げとなり、百の位に「1」が足されます。

したがって、約1000人となります。

10の位を四捨五入
【2】一の位を四捨五入する場合

一の位は「1」なので切り捨てとなります。

したがって、約960人となります。

1の位を四捨五入

長さを測ってみよう

定規を持っている女の子

長さを測る道具はいろいろとありますが、学校で習うのは「定規」で長さを測る方法です。

定規を使った測り方

定規の目盛りは、通常、1目盛り1mmの長さになっています。

10目盛りで1cmです。

何かの長さを測るときは、左側のゼロを基準に定規を合わせましょう。

そして、測る物に定規をピッタリとあてます。

定規は、はかる物に正しくあてないと正確な長さを測ることができません。

ですから、お子さんが正しく定規を使えているか、親御さんが一度はチェックしてください。

重さを量るときに気をつけること

はかりと女の子

物の重さを量るときには、はかりの上皿にはかりたい物をのせて量ります。

りんごのような固形物であれば、そのまま上皿にのせて量ることができます。

はかりをつかうときのポイント

また、小麦粉や液体のようなものの重さを量る場合には、こぼれないように別の器に入れてから、その器ごと重さを量る必要があります。

この場合、はかりに表示される重さは、器の重さも合計されてしまいます。

ですから、事前に器の重さを量っておき、合計の重さから器の重さを引き算する必要があります。

コップをのせたはかり

バラエティ問題【当ブログオリジナル模擬問題:問題編】

の中に、適切な数字を書きなさい。

① 「四十一万二十五」は、数字ではと表すことができる。

② 「36742」は、漢数字ではと表すことができる。

③  A市の人口は4月1日時点で、231805人です。

百の位を四捨五入した概数で表すと人となります。

④ 1250gの砂糖を4等分すると、1つあたりの重さはgです。

小数点第一位を四捨五入した概数で表すとgとなります。

⑤ 下記は、10cm定規です。

10cm定規

Aは、cmmmの目盛りを指しています。

Bは、cmmmの目盛りを指しています。

Cは、cmmmの目盛りを指しています。

Dは、cmmmの目盛りを指しています。

Eは、cmmmの目盛りを指しています。

AからBまでの長さは、cmmmです。

AからEまでの長さは、cmmmです。

したがって、AからEまでの長さは、AからBまでの長さよりも、cmmm長いです。

次の問題に答えなさい。

① はかりの指している重さを答えなさい。

② 次の重さを矢印(↑)で書きなさい。

③ 重さ120gの箱にりんごを入れて測ったら、750gでした。

りんごの重さはgです。

はかりにのせたりんご

バラエティ問題【当ブログオリジナル模擬問題:解答・解説編】

の中に、適切な数字を書きなさい。

① 「四十一万二十五」は、数字では410025と表すことができる。

② 「36742」は、漢数字では三万六千七百四十二と表すことができる。

③  A市の人口は4月1日時点で、231805人です。

百の位を四捨五入した概数で表すと232000人となります。

④ 1250gの砂糖を4等分すると、1つあたりの重さは312.5gです。

小数点第一位を四捨五入した概数で表すと313gとなります。

「4等分した1つあたりの砂糖の重さ(計算式)」
=1250(g)÷4=312.5(g)

小数点第一位を四捨五入すると、「312.5(g)」の小数点第一位は「」なので、四捨五入すると切り上げになります。そして、1つ上の位(一の位)に「1」を加えます。

⑤ 下記は、10cm定規です。

10cm定規

Aは、cmmmの目盛りを指しています。

Bは、cmmmの目盛りを指しています。

Cは、cmmmの目盛りを指しています。

Dは、cmmmの目盛りを指しています。

Eは、cmmmの目盛りを指しています。

AからBまでの長さは、cmmmです。

AからBまでの長さは、目盛りを1つ1つ数えても答えを出すことはできますが、ここでは、計算で答えを出します。

ここで、気をつけること:
「Aの目盛り」は、「0㎝からAまでの長さ」を示しています。
「Bの目盛り」は、「0㎝からBまでの長さ」を示しています。

「AからBまでの長さ(計算式)」
=「0㎝からBまでの長さ」-「0㎝からAまでの長さ」
=「3(㎝)6(mm)」-「1(㎝)2(mm)」
2(㎝)4(mm)

AからEまでの長さは、mmです。

「AからEまでの長さ(計算式)」
=「0㎝からEまでの長さ」-「0㎝からAまでの長さ」
=「8(㎝)7(mm)」-「1(㎝)2(mm)」
7(㎝)5(mm)

したがって、AからEまでの長さは、AからBまでの長さよりも、cmmm長いです。

「AからEまでの長さ」と「AからBまでの長さ」との差は、引き算することで求められます。

「7(㎝)5(mm)」-「2(㎝)4(mm)」
5(㎝)1(mm)

次の問題に答えなさい。

① はかりの指している重さを答えなさい。

② 次の重さを矢印(↑)で書きなさい。

③ 重さ120gの箱にりんごを入れて測ったら、750gでした。

りんごの重さは630gです。

はかりにのせたりんご

りんごの重さは目盛りを1つ1つ数えても答えを出すことはできますが、ここでは、計算で答えを出します。

「りんごの重さ」
=「箱とりんごの重さ」-「箱の重さ」
=「750(g)」-「120(g)」
630(g)

今回のまとめ

漢数字の問題

  • 「漢数字→数字」「数字→漢数字」どちらもできるように

概数の問題を解くコツ

  • 四捨五入をする問題が多く出題されているので、基本的な問題から練習していく

長さの問題を解くコツ

  • 普段から定規を使って、正確に測る練習を繰り返す

重さに関する問題を解くコツ

  • 「はかりの1目盛りが何gなのか」を読み取る。問題によっては、1目盛りが10gとは限らないので、注意

今回は、ここまでです。

次回は、出題頻度の高い図形の問題の予定です。お楽しみに。

模擬問題ダウンロード

バラエティ問題(解答・解説)
いろいろバラエティ問題 解答・解説

全7枚(PDF文書)
市販の学習ドリルにはないわかりやすい解説を心がけました。
学生時代から多少ブランクのある親御さんでも、簡単にお子さんからの質問に答えられるように工夫しています。

スマイル「高等特別支援学校 入学者選抜試験 模擬問題(お受験対策の考え方編&数学編)」関連記事